2015年02月13日

割に合いたい

アガリスクの本公演には貧民割引がある。

これは酔狂や冗談でやっている制度じゃない。それなりの思想が背景にある。もう何年も続いているわけなのだ、軽いノリだけで持続はできない。

演劇のチケットの相場は、決して安くない。当然各カンパニー知恵を絞って予算を抑えて組んでいる筈だが、そも収益の出にくいライヴ活動だ、余程の動員がない限り、東京の小劇場を使用して独立採算でやろうとしたら、3000円とか3500円は、取らなければやっていけないだろう。それは、同じく劇団の運営をしている身として痛いほど解る。助成金とかあれば別だけど、じょあそこまで辿り着くにはどうすりゃいいのさ?
しかし、そんな経営側の視点を置いておくと。一消費者としてその価格は、安いものではない。アマチュアの創作物、しかも信頼や品質保証があるわけではない新作に対しての3000円。余程裕福なら別だが、少なくとも気軽に出せる金額ではないと思う。

では、どうするか。
予算をギリギリで組んでも、適正価格として受け入れ難い価格設定しかできないのであれば。

その解決策として、貧民割引はある。

要するに、出せる人から取る、出せない人から取らない。簡単な話だ。自己申告での割引制度なら、それが可能なのだ。
チケット代をこれ以上抑えることは難しいけど、学生・フリーター・そして劇団員、そういった人達が観に来づらい価格設定が、何になるのか。それに動員だってもっと欲しい。もしこの価格帯が自分達と同じような客層・フラッと興味本位で観に来る層を排除するような入場料だとしたら、改善しなければならない。だから、そんなに大きな額じゃないけど申告してくれたら誰であろうが簡単な条件で割引ます。それが、貧民割引です。

あと、最近はその割引額に2段階あります。条件の緩い貧民割引500円と、早期予約限定の大貧民割こちらはなんと1000円引。客席埋めたいから大盤振舞い、てだけじゃないんだ。これでも決して安くないという人もいると思うけど、今はこれが精一杯。思想的に絶対こういう制度はなきゃならないんだ。少ないパイの奪い合いは、もうウンザリなのだ。

詳細は紅白旗合戦 特設ページから、予約はこちらからお願いします。

どうぞガンガン使って、観に来て下さい。何度も言ってるけど、コメディはお客さんがいなきゃ完成しないのだ。フルハウスこそ、最高の舞台装置なのだ。


posted by 淺越岳人 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。